2016年8月は、このマンガガガガあつい!

2016年7月は、このマンガガガガあつい! 2016年9月は、このマンガガガガあつい!

2016年8月はこの漫画がアツイ! 

やっぱりアツイ夏はクーラーのきいた部屋で漫画を読むに限るでしょ☆
夏コミに遊びに来てくれた人はありがとう! これなかった人は会誌の通販の続報を待ってて欲しい(^_-)

ではでは、今月のランキングはこれだ!

(集計は、2016年7月に発売された漫画を対象にしています)

第1位 ハイスコアガール CONTINUE(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)

出版情報

著者:押切 蓮介   
出版社:スクウェア・エニックス

『ポリゴン』って何? 食えんの? そんな2D全盛期だった古き良き格ゲーブーム到来の1991年。ヤンキーとオタクとリーマンが蔓延る場末のゲーセンに、彼女は凜と座していた──。表紙描き下ろし、加筆、修正、16Pの描き下ろし特別読み切り掲載のリニューアル版!


アーケードゲーマーとしての魂を呼び覚ます by sayudot (1位に投票)
本当によかった by ポッポ (1位に投票)
祝・復活!!!!!!!!!! by minekouki (3位に投票)


第2位 金の国 水の国

出版情報

著者:岩本 ナオ   
出版社:小学館

昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。
A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやり
B国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい―――

そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会い…!?


信者 by やごさん (1位に投票)


第3位 超人間要塞 ヒロシ戦記(1) (イブニングKC)

出版情報

著者:まつだ こうた   
出版社:講談社

この宇宙には解明されていない謎が多くある。私たちは何も知らず日々を生きており、その無知が時として大きな危機を生む……。例えば、ひとりの女子大生が同じ店でアルバイトをしているフリーターに恋をすることが、とある国家の存亡をもかけた大事件に発展することもあるのだ。これは、熱き国民たちによって繰り広げられた、長年にわたる闘いのサーガである……!! - webで読めます


好青年のようで掴みどころの無いヒロシ君ですが、その内心は政局のごとく波乱に満ちているんですね。 by ばば619 (2位に投票)
興味はないが仲が悪くなると困る女性に言い寄られた時のあしらい方が学べる。実践の機会はない。 by ポッポ (3位に投票)
要塞内で繰り広げられるシリアス展開のそれっぽさと恋愛に関して直情すぎてやばい感じのヒロイン。この2つの歯車がガッチリ噛み合って力技で笑わせにきてる感じが最高。 by おっそろん (2位に投票)


第4位 フルーツ宅配便 1 (ビッグコミックス)

出版情報

著者:鈴木 良雄   
出版社:小学館

デリヘルから日本の絶望が見えてくる。現代社会で行き場のない貧困女子が流れ着く場所、デリバリー・ヘルス──────もし、離婚して養育費を受け取れなかったら…もし、親の介護で、今の仕事を辞めたら……誰もが陥るかもしれない人生の困難、誰の手も届かない絶望と孤独が、ここにある。


どんな商売にも商売の基本は同じなんですよね。 by 84式山形人 (2位に投票)
全体的に不穏な空気が漂っていてオモロイ by 電球 (1位に投票)


第5位 兄の嫁と暮らしています。

出版情報

著者:くずしろ   
出版社:スクウェア・エニックス

設定がグッドでした by やごさん (3位に投票)
死んだ男の嫁と妹の同居コメディ。可愛らしい兄の嫁を縛り付けていることに罪悪感を覚える妹と、妹の向こうに死んだ夫の姿を重ね合わせて罪悪感を覚える嫁。くずしろ先生のダークな部分が各所に漂うハートフル日常マンガです。 by minekouki (1位に投票)


第6位 ファイアパンチ 1

出版情報

著者:藤本 タツキ   
出版社:集英社

まー、悔しいけど面白い!変化球狙いで構えてたらめっちゃ早い変化球で討ち取られた。画力も脚本演出も規格外過ぎる。もうお手上げですわ。 by 渡来僧天国 (1位に投票)


第7位 VECTOR BALL(1) (講談社コミックス)

出版情報

著者:雷句 誠   
出版社:講談社

これ雷句誠知らん人がはじめて読んだらどう思うんやろ。相当ヤバいで。米炊おかかとかいう指地図夫みたいな名前も然り、魑魅君とか存在そのものが怪奇やからね。でも、最近面白いよ。チビッコ達は泣いてそうやけど。 by 渡来僧天国 (2位に投票)


第8位 盆の国 (torch comics)

出版情報

著者:スケラッコ   
出版社:リイド社

作画のコントラストが強くて夏感が強い by 緑虫 (2位に投票)
高野文子・市川春子ラインよりは、ネットでどなたかが仰っていた杉浦日向子の百物語って指摘の方が慧眼だと思う、あれは引き算の描画だったのだがこっちは完全にイメージを全部足してってる。霊的な遍在の解釈の違いだと思う。いろんな種類の汗をかきながら読んだ。 by おっそろん (3位に投票)


第9位 ミザントロープな彼女(1) (アフタヌーンKC)

出版情報

著者:厘の ミキ   
出版社:講談社

推薦者
話の骨組みとしては少女漫画のそれだが、あまりにもキャラクターの思想や行動が振り切れているために、この漫画は一体どう楽しめばいいのか?と読者も不安定になってしまう。が、読み進めていくと、実はいたって純粋な愛情を描いた物語であることに気づく。すると、当初はぶっ飛んでいるように見えていたキャラクターたちが、不思議と魅力的に映るようになる。続きがとても楽しみだ。 by ねとは (1位に投票)


第10位 ぼくは愛を証明しようと思う。(1) (アフタヌーンKC)

出版情報

著者:井雲 くす   
出版社:講談社

推薦者
アフタヌーンが恋愛工学、作画は成年向け出身の女性漫画家という化学反応に期待してます。工学実践するメンズも次第に可愛いく見えてきます。 by ばば619 (1位に投票)


第11位 GAME ~スーツの隙間~ 1 (白泉社レディースコミックス)

出版情報

著者:西形まい   
出版社:白泉社

推薦者
どこかガラスのような透明感と硬質さをもつイラストで、艶っぽさにまで踏み込む展開がどこか禁断の世界を垣間見ている気分にさせる。 by マロ (1位に投票)


第12位 C級さらりーまん講座・改 1 (ビッグコミックススペシャル)

出版情報

著者:山科 けいすけ   
出版社:小学館

なんでもいいけどよう、タイトルちょっと変えて新規まき直しはいいんだけどよう、判型変えんのやめてくんないかなあ by 84式山形人 (3位に投票)


第13位 休日ジャンクション (ビッグコミックス)

出版情報

著者:真造圭伍   
出版社:小学館

推薦者

映画『森山中教習所』公開記念! 番外編「つりぼり松田さん」も収録。真造圭伍、4年ぶり待望の短編全7編収録!


やっぱり短編の人なのかもだ by 84式山形人 (1位に投票)


第14位 中学聖日記 1 (フィールコミックス)

出版情報

著者:かわかみ じゅんこ   
出版社:祥伝社

推薦者
男子中学生の説明できない焦燥感にステレオタイプに対応しようとする女性教師とか、もう見ててハラハラするっす!おねショタファン必読のやつです。 by おっそろん (1位に投票)


第15位 のーぷろぶれむ家族(2)<完> (ヤンマガKCスペシャル)

出版情報

著者:麦盛 なぎ   
出版社:講談社

推薦者

第16位 ノドの迷路

出版情報

著者:逆柱 いみり   
出版社:青林工藝舎

推薦者
悪夢感が増してた by 緑虫 (1位に投票)


第17位 春風のエトランゼ 2

出版情報

著者:紀伊 カンナ   
出版社:祥伝社

推薦者

第18位 局地的王道食(1) (モーニングコミックス)

出版情報

著者:松本英子   
出版社:講談社

推薦者

「大好物」ではないけれど、心の「局地」にいつもキミがいるんだ。ちくわぶ、甘食、かんぴょう、ちくわの磯辺揚げ、すあま、ぎゅうひ、冷凍みかん、そば湯などなど…ちょっと地味だけど、どうしようもなく「愛しい」食べ物たちへ捧げる讃歌。作者の謎の相棒「モグさん」もカワイイと大評判! 『謎のあの店』の松本英子が贈る、笑えて心にしみるスーパー食エッセイコミック!



第19位 双亡亭壊すべし 1 (少年サンデーコミックス)

出版情報

著者:藤田 和日郎   
出版社:小学館

推薦者
ウェルカムバック!フジタ! by 電球 (2位に投票)


第20位 柊様は自分を探している。 1 (少年サンデーコミックス)

出版情報

著者:西森 博之   
出版社:小学館

推薦者
美少女描写の巧さよ。単純な画力は決して高くないというのに、磨き抜かれた演出の力でキャラクターは輝く、まさにベテランの味。安心して読める。 by ねとは (2位に投票)


第21位 わたしのふしだら 1巻 (ヤングキングコミックス)

出版情報

著者:大見 武士   
出版社:少年画報社

推薦者
「ぼくらのふしだら」の悪魔との契約設定を引き継いだ新作。今回はこれまで無感情に生きてきた女性教師と、可愛らしい高校生男子。とにかく両方可愛い。今回はどういう結末になるのか期待と不安が入り混じります。 by minekouki (2位に投票)


第22位 よろこびのうた (イブニングKC)

出版情報

著者:ウチヤマ ユージ   
出版社:講談社

推薦者
読了後にタイトルについて深く考えさせられる。 by sayudot (2位に投票)


第23位 ふだつきのキョーコちゃん 7 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

出版情報

著者:山本 崇一朗   
出版社:小学館

推薦者
とても良い終わり方だった by ポッポ (2位に投票)


第24位 青春はゾンビでした 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

出版情報

著者:えばんふみ   
出版社:集英社

推薦者

雪村梓は、雑誌掲載もなかなか厳しい少女漫画家。学生時代、恋愛経験をせず、漫画にだけ打ち込んできた“青春ゾンビ”の彼女だが、ふとしたキッカケで恋をする気持ちになり、自分の恋愛体験を漫画に活かそうと恋愛しようと頑張りだして…!? 「りぼん」に掲載され話題を呼んだ百合作品「ブルーフレンド」も収録! 【同時収録】ブルーフレンド~虹色の彼女~


青春時代を謳歌することがなかった、青春ゾンビの少女漫画家が、恋のドキドキと連載を手にいれる物語。ゾンビを脱却出来るのかに期待が! by マロ (2位に投票)


第25位 これは愛じゃないので、よろしく 1 (マーガレットコミックス)

出版情報

著者:湯木 のじん   
出版社:集英社

推薦者
別マで頑張ってほしい by やごさん (2位に投票)


第26位 ネオ寄生獣 (アフタヌーンKC)

出版情報

著者:遠藤 浩輝   
出版社:講談社

推薦者
各々の作者からほとばしる、寄生獣へのリスペクトが何とも愛おしい。楽しんで描いてるんだね、みんな寄生獣のことが好きなんだね、ってなる。お祭りという感じで、読んでて楽しくなる。ただし、真島ヒロのだけはちょっと……。 by ねとは (3位に投票)


第27位 まりあ17 (2) (まんがタイムコミックス)

出版情報

著者:むんこ   
出版社:芳文社

推薦者
ここまで極まってなくてもいいから女の子と立ち食い蕎麦を食べたい人生だった by sayudot (3位に投票)


第28位 蜘蛛ですが、なにか? (3) (カドカワBOOKS)

出版情報

著者:馬場 翁   
出版社:KADOKAWA/富士見書房

推薦者
ぼっち女子高生が異世界で蜘蛛になるという、小説家になろうの作品のコミカライズ。原作のコミカルさを活かしつつ、蜘蛛という主人公を気持ち悪くならないように上手く描けている。 by マロ (3位に投票)


第29位 定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。 (torch comics)

出版情報

著者:ドリヤス工場   
出版社:リイド社

推薦者
文学作品のコミカライズをレビューするオモシロ企画が夏コミ会誌で出るらしいっすよ? by 電球 (3位に投票)


第30位 あの子と遊んじゃいけません (エヌ・オー・コミックス)

出版情報

著者:どろり   
出版社:小学館

推薦者
不条理よりももっと理解できない、自分が何か大きな異世界の一部に組み込まれてしまったような感覚になります。 by ばば619 (3位に投票)


第31位 休日ジャンクション: 真造圭伍短編集 (ビッグコミックス)

出版情報

著者:真造 圭伍   
出版社:小学館

推薦者


会誌の販売 

ニュース

関連サイトとリンク